毎日通わなくてもよい

面談

東京都にはたくさんの学校がありますが、通信制高校も非常に多いです。通信制高校を選ぶにあたりメリットがあるとすれば、毎日通わなくてもよいことでしょう。例えば、外で働いている場合毎日通うのは非常に大変です。日によっては残業などがあり自分の都合通りにいかないことも多いでしょう。この点通信制高校は、自分の好きな時間帯に勉強をスタートさせることができますので、時間が不規則な仕事をしている場合でも学びやすいといえます。ただ、まったく通わなくてよいわけではなく毎週一回あるいは毎月一回はスクーリングなどがあるところもあります。学校によってどれぐらいの頻度で通うかは異なりますが、その日は可能な限り出席をするとよいでしょう。

様々な種類から選べる

教師

東京の通信制高校といっても、種類は一つだけではありません。さまざまな種類がありますので、自分にとってぴったりのところ選ぶのがよいです。具体的には、いかにも通信制高校らしく、ひたすら教材が送られてくるだけで、ほとんど学校に通わないようなところもあります。ただ最近は、価値観も多様化してきていることからその種類も増えており、通常の高校と同じように週に何回も通うところも出てきています。ただ、通わないと単位がもらえないわけではなく、その点は柔軟に考えてくれるところが多いです。

公立高校にかかる相場は

授業

東京都内には公立高校の通信制高校があります。公立高校の通信制高校の特徴は、とにかく金額が安いことと言えるでしょう。具体的な金額を見ていくと、受験料をからして非常に安く、\1000未満のところも多いです。授業料に関しては、単位ごとに考えられていますが1単位\500程度になるでしょう。1年間で30単位必要ならば、\15000程度の授業料だけで済んでしまいます。それ以外には、諸費用などもありますが1万円未満になることがほとんどです。

私立高校の場合はどうか

授業

通信制高校といっても、東京都内には私立高校のところもあります。受験料は、1万円から2万円程度になると考えてよいでしょう。単位に関しては、公立高校よりも高く1単位取得するのにおよそ1万円程度のお金がかかることも考えなくてはいけません。このように、金銭面では高くなるものの、充実したサポートを期待することができます。特に通信制高校の場合には、途中で退学してしまう生徒も少なくありません。この時、サポートが充実しているかどうかで長続きできるかが決まってくるでしょう。特に私立高校の場合には、生徒数の確保は重要になるため可能な限り退学させることなく通わせる仕組みが整っています。

広告募集中